★為替ロスチャイルドJr.のFXデイトレの嵐 ★                                     ~初心者の外為・投資NEWS入門
外為FX/CFD/株/競馬の投資生活日記
      
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/5/11 火曜日の値動き観察 中国指標日 他は少ない
相場のクセを見抜け!

<ドル円>
93.50を越えられず、しかし93.00を割ることも難しい展開で
NY市場終了。

05:00 93.15
07:20 93.39までじわじわと押し目なしの上昇(大きく売るチャンスと思ったが躊躇)
08:20 92.85まで大きく下落 (93.00のStop狩り)
08:50 93.13に上昇
09:00 日経株式市場OPEN
09:10 92.72に急落(日経急落、ユロドルは上昇していた)
材料:日銀はギリシャ問題で欧州の短期資金市場で厳しい状況に対応して
本邦短期資金市場への資金供給を先週の金曜日・今週の月曜日と連続で2兆円づつ
即日資金供給を9:05分に供給していたが、本日は見送りとした。

09:25 92.96に上昇
09:35 92.70に下落
09:55 92.95に上昇
10:00 93:20に急上昇 (ちょうど切り替わったときにバクアゲ、ダウも急上昇)
材料:仙谷国家戦略相は「日本の債務残高は世界一」と発言
(アジア系ファンドが円売りとのこと)

10:07 93.06で押し目(あまり下落せず)
10:12 10:22にかけて92.26までゆっくり上昇
10:22 92.26
10:30 ドル円下落し始める&ダウ先が下落に転じ始める
(ポンド円、ユロドルも下落開始、日経は次の5分足から下落開始した)
ヒント:上海市場OPEN(高値寄りつきも、下落スタート)
&10時のバクアゲから30分経過


11:00 93.00近辺までじりじり下落,ドル円は中国指標には反応せず
ヒント:日経が11時にCLOSEした為か?
ただし、ポンドドル、ユロドル、ダウ、上海株式市場は上に反応
=ドル円は下に行きたがっている?
他のペアが上昇一服して下落に転じたら下落には反応した模様
ただし93.00の節目がサポートでなかなか落ちない



11:50 92.90に下落 (その他のペアも下落)
12:20 ほとんど動きなし
12:30 日経株式相場 午後OPEN FX動きなし
12;40 92.86へ下落  (日経・ダウの下落に反応、 数秒後に反応)
12:50 ドル円のみ10pipsの上昇 (その他のペアは反応なし)
13:00 92.87 (日経先物 約30ポイントの急落も為替は反応薄い)
13:04 為替も下落し始める
13:15 92.67まで急落 (日経がさらに暴落したため)
13:40 92.80まで戻すもドル円主導で92.58まで急落 
(他ペアは上げてきていたのにドル円だけ反応なかった為、下落の兆候は出ていた)
14:10 92.80まで上昇
14:30 92.68
14:35 92.83で吹き上げるような動き
14:40 92.65に急落 (日経が10400を割る暴落)
14:55 92.73から下落開始
15:00 92.55に急落 日経終了 東京オプションカット

15:15 92.32に下落 (主要ペア 安値更新)
15:37 92.58に戻るも再下落 92.35(他ペアは上昇中)
16:15 92.65に急騰 (各ペア上昇 ポンドルが急騰したので先導した模様)
16:45 92.48から92.63へ上昇
16:50 92.75へ急騰 
17:30 ポンドル指標により急上昇 (その他のペアは影響小)
17:50 92.42へ下落 (各ペア バラバラの動きでまとまりがない)
18;30 92.26 (ユーロドルが安値を更新を合図にドル円下落)
18:45 92.42に反発
19:10 92.25に下落
19:15 92.45に急騰 ドル円のみの動き 他ペアは影響小
  


※あくまで一日の流れをつかむための個人的なメモです。
理由も勝手な想像ですので、正しいかは分かりません。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。