★為替ロスチャイルドJr.のFXデイトレの嵐 ★                                     ~初心者の外為・投資NEWS入門
外為FX/CFD/株/競馬の投資生活日記
      
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5/24〔日〕・・・ 外為どっとコムの セミナーに行ってきました
皆さんこんばんわ!
今日はオークスを捨てて、外為ドットコムのセミナーに行ってきました。
参考までに軽~く要点をまとめます♪
実名大丈夫ですよね?w


講演者はJPモルガンチェース銀行の
経済調査部長のロバート・アラン・フェルドマン氏
同じく為替資金本部長の李家輝 氏(スティーブ)
元UBS銀行の酒匂隆雄 氏の豪華なお三方でした。

フェルドマン氏はワールドビジネスサテライトにも出演されていますが、
ディーラーではなくてエコノミストなので経済学的なお話しで、
一応経済・経営系の学部を出ているとは言え結構難しい内容でしたが、
今までの無料講演会ではNo.1の手抜きなしの名講演で最高に満足でした。

住宅価格や在庫循環等、日米の経済的見通しから導くと、
やはり年内?には87円よりもういちど円高になると確信に
近い感触を持っている
とおっしゃってました。

一番覚えて帰ってもらいたいことは、
生産性が高まることによって生活水準が決まる
ということ。
いや当たり前のことなんですが、この生産性がこの先どうなっていくのか
とういう予測を立てられれば長期の戦略の指針になるよということでした。

マクロ経済はクルーグマンの本が面白いので、もしご興味があれば
少々お高いですが読んでみてください♪(宣伝になってしまってスミマセンがw)


李家氏と酒匂氏はラフな対談形式で、あまり特別重要な話は
話されてなかったような・・・w
あっオークスがめちゃくちゃ気になる!!って、3-7ですね!って会話しか
頭に入ってませんw

一つだけ上げれば、長い目で見れば、ユーロやポンドはドルよりもダメだと思うので
それがいつになるかは別として、またこれらが大きく売られるだろうとのこと。
この二人も80円台の円高に今年中に入るんじゃないか?といっておられました。
ただ20年とか30年の国債の関係で円高期間はそれほど長くはならず、
ドル買い圧力で一気に円安(100円ぐらい?)まで戻って来る可能性が高い
というリスクがあることを覚えておいたほうが良いとのことでした。

佐藤まり江さんと川口 一晃さんが司会をされていましたが、
彼女インテリっぽくてめちゃくちゃかわいかったですよw
お顔を知りたい方はホムペへどうぞ。
http://www.satomari.com/

まぁそんなこんなでオークス以上の価値はあった!!のかな!?と思います。

それでは明日も一日がんばりましょう!!

よろしければブログランキングをポチっと押してください、お願いします♪
人気ブログランキングへ


にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ

にほんブログ村




スポンサーサイト
5/10・・・No.3 昨日のFXセミナーについて
昨日はFXのセミナーに行ってきました。前回行ったのは為替鬼さんの
有料講習でしたが今回は無料のセミナーです。
講演者は売上では1,2を争うFX本の執筆者で、いわゆる大御所と呼ばれている方です。


無料なので基本中の基本の話しか話されなかったのですが、
要点をまとめますので何かの参考にしてください!

大きく分けて2点あげられていました。

Q 1つは取引するに相応しい安全な通貨は?
A 
ドル、ユーロ、円、ポンド、スイス、のメジャー5通貨が基本で、
あえて付け加えるなら後は豪ドルぐらいしかやるもんじゃないとのこと。
(もちろん稼げる人は何でも良いと僕は思います。
南アランドは8円台で買おうと待ってる間に上がっていきましたし。。。)

Q もう1つは月足のチャートで大局を観るとこの先は円安?円高?
A ドル円はまだまだ下げ相場の反動で上がってるだけで
まだ転換したとは言いがたい。なので長期は売りで入るのが戦略の基本です。
買いかどうかは完全にチャートを抜けてから判断するべし!

まぁこの二点は基本的なことですね。
特に面白かったのが、F○Bやガイ○ナー氏とかによる市場操作があったのは
ほぼ間違いないのではないかという話題です!!(当然、真実は知らないとのこと)

やはりクライスラーが破綻したのに為替にほとんど影響なかったのは
オカシイでしょう!?ということでした。
もちろん超VIPの建前はこれ以上の世情不安を避けるためということだろうと。

正直、陰謀論の本はたくさん読みましたので、そういうことが世の中では頻繁にある
と自分も思っていましたが、まさかこういう方がおっしゃるとは驚きででした!!

ロス○○イルドもロック○ェラーも出てきませんでしたが、ゴールド○ンの名前は
出てきてましたw

さて投資家(気恥ずかしい・・)の自分たちが考えるべきは実際取引への影響です。
次のビッグイベントにGMの破綻or回避の問題が待ち受けています。
氏曰く、クライスラーの破綻の経緯から推測すると
GMも破綻させるつもりだろうとのこと。

さぁこれを鵜呑みにするならばスイングでは
どちらにポジションを持つのが正解なのかでしょうか!?

クライスラーの破綻劇ではラストは円高どころか大幅に円安に戻りました。
今回もまたそうなるのでしょうか?
当然これは超VIPしか答えは知らないはずです。

重複しますが一つだけいえるのはあくまで長期チャート的には、ドル円では102円の壁を
明確に越えない限りは短期であっても基本は売りスタンスで行くべきだということです。

そういえば一時期、「男売り」で有名になった方がいました。
考えてみれば相場の大局に合致していた、読めていたからこその
連勝だったのでしょうね。

先週の動きで99.50円の壁の分厚さを確認させられたような気がしますので、
今週一発目は仲値での多少のドル高を期待して99円付近での戻り売りを狙いたいと思います。


週中の相場観は元『東京外国為替市場委員会』副議長の大倉さんの
ご意見を参考にしています。
「ホンネで~」はランキング28位
人気ブログランキングへ

ちなみに僕のブログは242位でした。
すごい勢いでアップしていってます!!
FC2とにほんブログ村と人気blogランキングの3種類に登録させていただいてます。
それぞれ下位の方は一票、二票で順位が変わるのでよろしければお力添えをお願いします!


いやいやしかしこんなに頼りないブログなのに、、、ありがとうございます。
絶対に一流のトレーダーになってやろうという気持ちで正直に書いていますが、
逆に負けトレードの反面教師にでもしていただければ幸いですw

それでは皆さん今週もご武運を♪




テーマ:初心者のFX入門 - ジャンル:株式・投資・マネー

4/19日・・・No.2 為替鬼セミナーから現在の投資手法
今回は現在の投資手法についてお話ししたいと思います。
これらは主に為替鬼さんのセミナーに行って学んだものです。

基本的にスキャルは教えてもらえなかったので、そこら辺は自分で考えて
やっていこうと思いますし、
全体的にもこれだけでは勝てないなぁというのも感じています。

PC環境

デスクトップとノートの2台 計2画面で取引しています。

ツール

メタトレード(ODL、FXDD)・・・これはひとつあれば良いので僕はFXDDのを使用
スプレッドチャート(クリック証券・外為どっとコム)・・・両方使用しています。こちらは似て非なるものなので両方使ってみるのも手だと思います。
CFD(CMCマーケット)内の各種チャート・・・NYダウ(日系平均先物)、原油、金等
・NEWS・・・ロイターなど。

罫線分析ツール!?

ローソク足・・・1分と15分を中心に見ています。もちろん1hや4h、1dayも見ます。
RSI・・・70/60/40/30にラインを入れて判断の材料にしています。
ストキャス・・・数値は変えていません。
一目均衡表・・・スキャなどにはあまり使いません。1h/4h/1dayの雲抜けなどに注意しています。

手法

現在は資金が少ないので資金効率を上げたいのと、いつ暴落の波が来るか分からない状況なので一発退場を防ぐため、基本的には秒~数分のスキャルピングとデイトレードでその日で終わらせることがほとをんどです。
通貨ペアはオーソドックスなものは色々やりますが、基本はUSD/JPYとGBP/JPYです。

<メタトレード>
USD/JPY、EUR/USD、EUR/JPY、GBP/JPYの15分足を4分割画面で表示させています。サブでUSD/JPYの1分と4時間足、GBP/USDの15分足をワンクリックで表示できるようにしています。
特に15分足のサポート&レジスタンスを重視して見ています。

RSI、ストキャス、で買われすぎ、売られすぎを見ますが、当てにあるかと言われれば微妙なので、
使い方としては他のツールで売り買いのシグナルが出たときに見る程度です。
例えばサポート&レジスタンスラインを抜けた場合、RSIが買われ過ぎの時には買いエントリーは極力しませんし売られすぎの場合には売りエントリーは極力しません。

しかし、それは何時間足、何分足のチャートに対応させるかで変わってくるので、なるべくというぐらいの意味です。
当然一方向にひたすら動く時も念頭に入れていなければなりませんから難しいですね。

<スプレッドチャート>
主にクリック証券のゴールドチャート内のスプレッドチャートを使用しています。
USD/JPY、EUR/USD、EUR/JPY、GBP/USDの4種類を表示してそれぞれが乖離し始めた時から
少し(数秒~1分程度)眺めてからエントリータイミングを決めています。

USD/JPYだけが上に乖離している状態で他の3本(EUR/USD、EUR/JPY、GBP/USD)は下に落ちているケースではどうでしょうか?
USD/JPYが下に落ちて追従するのでしょうか?
他の3本が上に上がってUSD/JPYに追従するのでしょうか?

僕の考えでは、大きな指標で一方的に動き続けるケースを除くと、大抵はUSD/JPYは下に落ち、
他の3本は上に上がって乖離した幅は修正されるというケースがほとんどです。
よく考えてみればこれは当然のことですねw

要するにそれがいつなのかというタイミングが問題の本質です。
ですからそのタイミングや根拠を示してくれるものを他に探さなければなりません。

それが上述のメタトレード内で使用しているものだと思うのです。

ですからメタトレードのサポート&レジスタンスやRSI、ストキャス、
一目均衡表を常に把握できるようにしています。

これらにプラス CFDで特にNYダウの動き(ただしいつも連動しているわけではない)
と大きなNEWS・経済指標に注意しています。

以上が現在の取引手法です。
実際はもう少し複雑な感じで運用していますが、なかなか言葉にはできませんねw
しかし現実はメンタル的な面で負けトレードを繰り返していることも否めません。
ということでしばらくはこの手法を改良しながら実験報告をしていきたいと思います!!

皆さん応援&アドバイスをよろしくお願いします!!


できたらポチっとお願いします
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。