★為替ロスチャイルドJr.のFXデイトレの嵐 ★                                     ~初心者の外為・投資NEWS入門
外為FX/CFD/株/競馬の投資生活日記
      
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日銀介入に関して 
さきほど2chソースですがw
前回介入時のスタッフが財務省に異動してきたとかいう事が
書いてありました。
これマジですか?

普通に考えて日銀の介入ってアメリカの承諾なしには打てないんじゃないの?

結局、第2次大戦に負けて以降はアメリカの言いなりなわけで
そのアメリカ大統領のオバマがドル安政策を推進しているのだから
日銀は貿易黒字国であることに対する世論も鑑みて
おいそれとは介入できないだろうし、
アメリカの政策転換点または非常事態レベルでしか発動しないのでは?
と単純に考えていたのですが、、、
その人事異動が本当ならありえるのかもしれませんね!

多分セリングクライマックスでゴールデンウィークのときみたいなんを
危惧しだしているということなんでしょうけど。

そういや購買力平価の観点からみるとドル円は85.7ぐらいって
話もあるみたいですが、
これもそんな古い学説が本当にまかり通るのか分からんし、
ジョージソロスの言うように相場は常に間違っているからと言ってしまえば
適正価格なんてあってないようなもんですしねぇw

この前のガイアの夜明けでユーロ暴落で
それまでッグマックが単品で600円ぐらいだったのが
一気にセットで600円ぐらいの価格になったって言ってましたが、
これは購買力平価の観点だと日本と比べると適正なんじゃないの?
とか思ってしまったんですが違うんですかね?

え~っと、単にな明日が楽しみで寝れないだけなのでありましたwスマソ
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://119fxkabucfd.blog37.fc2.com/tb.php/394-c47250d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
管理人の承認後に表示されます
2012/05/07(月) 06:32:48 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。